食べなければ痩せる?その考えは危険かも

MENU

食べなければ痩せる?その考えは危険かも

『痩せる』

 

 

 

女性の永遠の夢ですね。

 

 

 

私も常日頃、そのような夢を持ち続けています。

 

 

 

でも、ダイエットって、続けようと思ってもなかなか続かないものですよね。

 

 

 

運動は疲れるし、量を管理して食事をするのも面倒くさいし、体重は思うように減らないし。ダイエットなんてやめた!

 

 

 

なんて経験、誰にでもありますよね。

 

 

 

しかし一方で、皆さんはこのような考えを持ったことはありませんか?

 

 

 

「何も食べなければ、痩せるんじゃないの?」

 

 

 

その通りです。何も食べなければもちろん痩せます。

 

 

 

しかし、「口で言うのは簡単、実際に我慢できずに食べてしまう」とい思う方もいるでしょう。

 

 

 

私もそう思っていました。

 

 

 

しかし、試しに1日だけ、何も食べず何も飲まず生活してみてください。

 

 

 

次の日には自分が思った以上に体重が減っているのです。

 

 

 

これはとてつもなく大きいダイエットへのモチベーションになります。ただ食べないだけで痩せるのですから。

 

 

 

しかし、タイトルにもあるように、このダイエット法は非常に危険です。私はこのダイエット法により、逆に太ってしまいました。最悪の場合、摂食障害に陥る危険性があります。

 

 

 

ここからは、1人でも私のような経験をする人が出ないよう、私の失敗談をお話したいと思います。

 

 

 

食べなければ痩せるということに気づいた私は、当然食事を摂らなくなりました。

 

 

 

体重計に乗っては、減っていく体重が嬉しくてしょうがなかったのです。

 

そして、このような生活が三日ほど続き、しだいにこのような考えが生まれてしまったのです。

 

 

 

「なんだ、食べさえしなければこんな簡単に痩せられるのか」

 

 

 

これこそが、このダイエット法の危険な部分です。

 

 

 

食べない→痩せる 痩せることが嬉しくてまた食べない→痩せる・・・の繰り返し。

 

 

 

経験しなくても、このままでは命の危険がある事は目に見えていますよね。

 

 

 

しかし、1度この考えを持つと、命の危険がある事に気がつかないのです。

 

 

 

私はどんどん痩せていきました。

 

 

 

しかしある時から急に一転、過食衝動が起こってしまったのです。

 

 

 

過食衝動は、自らの意思ではとても止められないほどの激しい衝動です。ついつい食べてしまう、などというような食欲とは比べ物になりません。

 

 

 

一度食べ始めたら太るのは簡単。結局、前よりも体重が増えるという最悪の結果に終わりました。

 

 

 

食欲も制限することが難しく、食べたくないのに食べてしまう、それにより自分を責める。体重も増える。精神的にもかなり参ってしまいました。

 

 

 

何も食べないダイエットは、あまりにも簡単に人を摂食障害への道へ導きます。

 

 

 

何も食べないダイエット、考えることはあっても決して実行にうつさないでいただきたいです。